自宅で倒れたら!?ライフリズムとは

誰しも明日の自分の安否など分からないもの。老若男女、明日自宅で倒れたりしないとは言い切れないのです。しかし切実に今の安否を知っていたいのは、子供にしてみると年老いた親でしょう。高齢者と同居していても別居していても、四六時中一緒にいるわけではないことを考えると、何かあって倒れた時に一刻も早く発見することが必要です。

ホームセキュリティ各社、独立したプランあり、ホームセキュリティのオプションであり導入しています。自分でスイッチを押して知らせるタイプと、ライフリズムという「自分で通報をする間がない」場合のものがあります。

 

ライフリズムとは?

人間が家の中で生活する上で、ずっと寝たきりである場合を除けば、何かしら行動をしているものです。特に生活上飲食は欠かせないわけですから、一定時間内に誰しもがトイレを使うはず。その行動を利用して、在宅中に一定の時間が経過してもトイレのドアが開閉されなかった場合、つまりトイレを使用しなかった場合は、何かしらが起きたと判断するものです。

 

アルソックのシルバーパック「ずっと安心」

ホームセキュリティプランの中で、オプションサービスとして高齢者の見守り情報配信サービスがあるアルソック。異常が発生した際にも正常な状態でもメールをくれる優れものです。しかし独立したプランで必要機能だけをセレクトしたプランで、シルバーパックがあります。火災などの温度変化や煙の発生を監視する「火災監視サービス」と一緒に、非常ペンダントといって首から下げるペンダント型救急ボタンを押すとガードマンが駆けつける「救急通報サービス」があります。この場合、ボタンを押したもののガードマンが駆けつけてもしゃべれる状態ではない時があります。あらかじめ、かかりつけ病院や既往症などを登録して早い対処をする「救急情報登録サービス」があります。

どれも高齢者の無事に大切なことですが、その他オプションでホームセキュリティのオプションにもある見守り情報配信サービスがあります。さらに、ライフリズム監視サービスがオプションで選べます。一定時間が経過してもトイレのドアの開閉がない場合、つまり生理的行動が見受けられない場合は自動的にアルソックへ通報が届きます。

 

セコムの救急サービス

ホームセキュリティのセコムでも救急サービスをオプションで用意しています。オプションで用意するという理由は、家族構成などが関係するからですね。高齢者を抱えたご家庭などは使えるプランでしょう。

アルソックも導入したペンダント型の救急ボタン。軽く押すだけで自動的に信号をセコムに送ってくれ、緊急対処員が駆けつけてくれます。必要ならば119番通報してくれます。高齢者はお風呂での事故も多いですね。浴室でも使うことができるように簡易防水になっています。このオプションをつける際には、かかりつけ病院や主治医などの情報を登録するので、万が一の時に迅速で適切な対応が可能になります。

しかし実際は意識がある状態で倒れるとは限らないですよね。ペンダントの救急ボタンを押す間もなく倒れてしまう場合や、転んでペンダントを手放して骨折などで起き上がれないなどのケースもあります。そういう恐れがある場合には「ライフリズム」を利用します。生活銅線に設置したセンサーが人の動きを感知して、一定時間動きが確認されない場合は異常と判断します。これは特別な操作を高齢者がしなくても大丈夫です。監視カメラなどを置いてしまうと、どうしてもプライバシーの問題がありますが、生活銅線に置いたセンサーに掛かるか掛からないかならば、高齢者の普段の見守りに便利ですね。