警報メール通知で手軽にホームセキュリティ

窓などをしっかり施錠しても、玄関に鍵をかけても、外出したらその間の家がどうなっているか分かりません。その点、ホームセキュリティは防犯や火災などで異常があった際には心強い味方ですね。センサーが異常を感知すると大抵のホームセキュリティプランではホームセキュリティ会社に通報が行き、そこからユーザーや警察消防などへ警報などの通報がされる仕組みになっています。ユーザーへの通知は電話やメールになりますが、緊急事態とはいえ、すぐに電話には出られない方などは警報をメール通知してもらえると助かりますよね。

 

セントラル警備保障のフルオンラインプラン

「緊急事態!」と電話をもらっても、仕事上すぐに電話に出られない人はいますね。運転中であったり、危険な作業をしている人などはメールで内容を送ってくれると助かる場合が多々あります。内容を音声ではなく、文面として欲しいという方もいるでしょう。

セントラル警備保障のホームセキュリティ、ファミリーガードアイの「フルオンラインプラン」は異常発生した場合メール通知をしてくれます。このプランは24時間365日自宅を監視してくれるプランですが、ホームセキュリティ機器が異常を検知して警備員が自宅まで駆けつけてくれます。そして契約者やその家族へ携帯電話・パソコンにメール通知してくれるのです。外出中に自宅で異常が起こっているならば、それをいち早く知りたいですし、対処も必要になることがあります。とりあえず最初にメールが欲しい、と思う方には嬉しいプランですね。契約者だけでなく家族に携帯メールをもらえると、外出中の家族が何も知らないで帰宅ということも防げます。

外出先からの自宅の状況も携帯電話やパソコンで確認できるので、モバイル家族には手軽でピッタリかも。

 

セコムは状態変更をメールで連絡

セコムはセンサー危機が検知した緊急事態の場合は、緊急連絡先に連絡をしてくれます。必要な場合は警察や消防に連絡もしてくれます。そのような事態の場合はメールで連絡よりも一刻を争う場合があるので電話連絡が必要ですね。

しかし、緊急を伴わない場合はどうでしょうか。例えばセキュリティ状態の家に子供が学校から帰宅してくる場合など、警戒が解除された時には緊急事態にはなりません。こういった場合にはセコムはメールでセキュリティ状態が変更されたことを知らせてくれます。子供や家族が無事に帰宅した事が確認できますし、メールで連絡をもらえば外出先で電話に出る手間もありません。

最近は、帰宅してドアを開けたところで侵入者に押し込まれるというケースもあります。セキュリティ状態変更のメールを貰ったら家人と連絡を取り合うなどすると、より良い防犯体制が家族でできるでしょう。

 

関電SOSもメール通知サービス

関電SOSは、関西電力圏内の関西中心のホームセキュリティサービスです。警備会社とセーフティーネットを敷いていて、防犯センサーが異常を検知するとセンターへ信号が送信されて警備員が駆けつけてくれます。監視センターが必要と判断すると警察や消防へ通報もしてくれますが、契約者への通知もしてくれます。メール通知サービスで教えてくれるので、すぐには電話に出られないと分かっている方や、とりあえず先にメールを入れて欲しいなどの方には嬉しいサービスですし、気軽に始めることができますね。