子供の見守りキッズセキュリティ

子供を標的にする犯罪が近年増えています。逃げることも抵抗する力もない子供を標的にするのは、非常に卑怯で残忍です。しかし、子供も小学校入学する頃になると、親がずっと付き添うというわけにはいかなくなります。共働き家庭が多くなり、登下校も親が付き添うというのは難しくなっていますね。また、下校してから塾などに通う子供もいますが、夕暮れから夜間にかけては心配なことしきりです。少しでも帰りが遅かったら心配で仕方が無いのは親ならば当然のこと。「うちの子供は、今登下校のどこにいるの?」昔と違って、ちょっとした道草の時間でさえ非常に心配な世の中なのです。

 

セコムのココセコム

ココセコムはGPSが仕込んである端末を使用します。GPSによる位置情報を取得して居場所を特定するわけです。例えば子供が遊んでいるうちに思いがけなく遠くまで行ってしまって帰れない、しかし親がすぐには迎えにいくことができない場合などはセコムへ出動を要請することができます。近年子供の連れ去りなども多くなりましたが、親がまず自分で子供を確認するのにはかなり早い手段になるでしょう。セコムが子供を発見した場合、親が到着するまで緊急対処員が一緒にいてくれます。

また、ココセコムの機器の中央には緊急事態の通報ボタンがあります。子供が一番危ないとされている登下校などは、集団下校でも最終的には自宅付近で一人になることが多いためです。その際に後ろを誰かがずっとつけてくる・・・などの時、声をかけられたり追いかけてこられたりする場合に、一番押しやすい中央のボタンを押すことでセコムへ通報がいくシステムになっています。その後は子供の居場所をGPSで認識して駆け付けとなります。

よく日常にあるような「あら?もうこんな時間なのに学校(または遊び)から帰ってこないわ」などという場合にも、セコムのホームページからGPSで居場所を確認することができます。まるで子供を常時監視しているようだという方もいますが、子供の連れ去りなどは思いがけない時に起きて、しかも初動が早ければ早いほど助かる率が多いとされています。

 

アルソックの子供向けかけつけサービス

アルソックの場合はドコモのキッズケータイを使用します。携帯にはGPSが付いていて位置情報を確認したりもできますが、それだけでは緊急の際に親が駆けつけるということが難しい場合がありますよね。あらかじめキッズケータイのGPSをアルソックに登録しておき、子供がキッズケータイの防犯ブザーを鳴らすと、直接アルソックに位置情報が通報されます。アルソックは家族に位置情報を知らせると、駆けつけの要請に応じて子供の元に急行します。これには二つプランがあり、月額400円でかけつけ一回につき6,300円/時間というもの。もう一つは月額無料で、かけつけは1回10,500円/時間というものです。駆けつけはよほどの事がないと、と思っている場合の方は後者かもしれませんね。

このサービスは10月4日からのものになります。

 

子供の見守りの問題点

子供の見守りに関して、セコムやアルソックなどで力を入れていますね。他にPASMOを利用した東急セキュリティのシステムもあります。

GPSで位置情報を取得するのが、子供の安否を確認する上で一番安心なのですが、学校などはほとんどが携帯電話持ち込み禁止になっているところが多いですね。どんなに優秀な機器やガードマンでも、機器を自宅に置きっぱなしでは意味がありません。多くの親が安否確認のために携帯電話やココセコムなどの機器を持たせたいと思うのですが、反面携帯電話などでのトラブルが低学年化しているのも実情です。セキュリティ機器の機能のみなら良いだろうなど、まだまだ子供の安全に関しては論議がありそうです。