高齢者の見守りプラン

高齢化社会になっていく中で、高齢者と「共に住む」「別に住む」という選択をすることが多くなりました。高齢化した父母などと一緒に住めば良いと短絡的に決めることは難しく、高齢者そのものが住み慣れた土地で今までと同じ生活がしたいと望む場合もあります。また、住居的に同居が難しい場合もあります。別に住むという選択は、高齢者に「万が一」があったらと心配になりますが、実は同居でも万が一ということがあります。

高齢者の安全と安心のために、どう見守っていくことができるのかというのも、各ホームセキュリティ会社では考えられています。高齢者を抱える世代には必見かもしれません。

 

セコムのペンダント救急ボタン

セコムは高齢者の見守りにオプションとしてマイドクタープラスを用意しています。マイドクターというのは、ペンダントタイプの救急ボタンです。胸につるしておけば、万が一の時には軽く握るだけで自動的にセコムに信号を送信してくれます。緊急対処員が駆けつけてくれて、必要ならば119番通報もしてくれます。このペンダントはお風呂の事故が多い高齢者のために、浴室でも使える簡易防水になっています。また、契約時に既にかかりつけ病院などを登録するため、万が一話せる状態でなくても対処が可能になります。

セコムではライフ監視機能もプラスできます。空間センサーというものがありますが、それを利用して生活動線、例えばトイレにいくなどの動作する空間にセンサーを置き、一定時間動作が確認できない場合異常とみなすものです。ずっとベッドに寝ている状態でなければ、人間は一定の動きをせざるを得ません。高齢者や健康に不安がある方などが1人で在宅する場合に有効ですね。

 

アルソックのシルバーパックはセレクト追加して

アルソックの高齢者向けプランは、シルバーパックとして独立しています。基本サービスとして、ボタンを押すだけでガードマンが駆けつける「非常ペンダント」、救急車を呼んでくれる「救急通報サービス」、かかりつけ病院や既往症を登録しておける「救急情報登録サービス」や火災用に「住宅用火災警報器」「火災監視サービス」などを基本サービスとしています。これに必要機能を選んで追加していくことができるパックになっているのです。普通の家庭向けホームセキュリティとはちょっと違ったパックですよね。選べるオプションとしては「見守り情報配信サービス」として、体調などの急変がないかさりげなく見守るサービスです。定期連絡・定刻連絡・異常感知を、空間センサーやコントローラーなどで感知連絡していきます。「ライフリズム監視サービス」というものもあります。在宅中に一定の時間が経過してもトイレのドアが開閉されなかった場合、通報がされるシステムです。他社の監視サービスでもトイレのドアをセンサーで感知していますね。人間の必要必須の動作です。

 

セントラル警備保障の選べるプラン

セントラル警備保障の高齢者見守りサポートは「見守りハピネス」。24時間365日見守ってくれます。「今は元気かもしれないけど、もう年齢も年齢だし、急に具合が悪くなっても近くに頼れる人もいない・・」というような不安を抱えていたら「安心」を手に入れるためにも良いサービスでしょう。見守りサービスのプランは3つあり、自分の必要に合わせて選ぶことができます。

A=緊急通報サービス;急な体調不良やケガの時、自分で動くことができない場合などは緊急ボタンを押します。自動的にセンターに通報が届いてパトロール員が駆けつけてくれます。こちらは初期費用なしの月額2940円とリーズナブルです。単プランでお願いできるというのも便利ですね。

B=押して ライフリズムサービス+緊急通報サービス;Aプランの緊急通報サービスにプラスして、一定時間センサーが反応しない場合にパトロール員が駆けつけてくれるサービスになっています。屋内のみなので、外出する時、外出して戻った時には見守りコントローラーのボタンを押す必要があります。

C=おまかせ ライフリズムサービス+緊急通報サービス;Aの緊急通報サービスにプラスして、一定時間センサーが反応しない場合にパトロール員が駆けつけてくれるサービスになっています。Bプランと違うのが、外出ボタンを押す必要がないところです。