高齢者の急病や救急も対応

家に一人でいる場合に、急に具合が悪くなってしまって一人ではどうしようもない。そんな状況を想像したことありますか? 高齢者に多いのですが、一人在宅で急に具合が悪くなったのに救急車も助けも呼べずに、その場に誰か居れば助かったかもしれないのに、そのまま・・・という例は少なくありません。若い方でも実は人事ではなく、健康を謳歌している時は全く気になりませんが、万が一の時に誰の助けも借りられないというのは悲劇です。

ホームセキュリティ各社では、防犯で敷いた通信網を利用して非常通報・救急通報を導入しているところが多いですね。

 

セコムは屋外も対応

セコムの救急時対応は、高齢者や持病がある人には朗報のプランです。一つは「セコム・マイドクタープラス」で、もう一つは「マイドクター」というオプションになります。「マイドクター」はペンダント型の発信機をつけていれば、突然倒れた時に電話などまで辿り着けなくてもペンダントを握るだけで救急信号を送ることができます。「セコム・マイドクタープラス」は携帯電話のような専用端末機を使用します。これは屋外でも使うことができるので、高齢者が一人で買い物に行って具合が悪くなった時などは安心です。屋内というのはホームセキュリティの一環としてありがちですが、屋外でも使用することができるのは嬉しいですね。

具合が悪くなった時というのは、自分で状況を話すことができない場合があります。あらかじめ持病や服薬情報を預けておくことで、倒れたさいの救急に役立つことができます。これは携帯電話と同じく通話ができるので、セコムのセンターからの確認にも応じられますし、看護師とも話せます。必要あれば介護事業者へつなぐことも。さらに高齢者の家族が心配しがちな「出かけたけど帰ってこない」という場合には居場所を特定することもできます。

 

アルソックの在宅時サービス

アルソックは外出時だけの防犯と、外出時+在宅時を含めた防犯があります。在宅時には侵入などの防犯だけでなく、急病などの対応も含まれています。非常通報は、例えば夜間など家の外に誰か覗いている不審者がいるなどの時押す非常ボタンですが、同時に具合が悪くなった際にも押すことができます。これはコントローラー本体にボタンがありますが、無線式ミニコントローラーもあり、コントローラーが一階なら二階に置いておこうということができます。

さらに、高齢者と同居の場合や高齢者単身の場合などは「ライフリズム」という生活リズムの異常を監視するのも便利です。在宅中なのに一定時間を経過してもトイレのドアが開かなかった場合などは通報されます。人間は飲食をして生きていますが、飲食をすればトイレに行きたくなるということで、生存しているというポイントをトイレに持ってくるのは一案だと思います。アルソックは、この他に高齢者用のプランを打ち出していますが、プライベートよりも見守り機能を優先させたものになります。

 

セントラル警備保障のファミリーガードアイ

防犯火災などで警備員が駆けつけるのはもちろん、非常通報でも24時間365日駆けつけるというのがセントラル警備保障のファミリー向けホームセキュリティ「ファミリーガードアイ」です。操作は手のひらサイズのリモコンで、機械に詳しい人間でなくとも、子供から高齢者まで使えるようになっています。非常時は身の危険を感じるような事態から、急に具合が悪くなったというような緊急の時にも使用できます。