火災やガス漏れの危険時には?

命の危険に直結する火災やガス漏れ。ホームセキュリティを導入しなくても、火災報知器などを取付ける家庭は多いですね。平成18年には一般住宅への警報器設置の義務付けもあり普及が進んでいます。火災などは、実際は焼死などが原因で死亡するというよりは、煙などを吸って死亡してしまうケースがほとんどです。つまり、ニュースで見る火の手が上がる火事の状況になる前に、いち早い発見と対処が命の境目なのです。

ホームセキュリティ各社、防犯だけでなく火災やガス漏れも対応しています。ただし、オプションである場合もあるので、標準プランに入っているのかどうかの確認が必要です。

 

火災を早期発見するために

火災の恐ろしさは煙です。火の手が上がって燃え上がる映像などをニュースで見たりもしますが、実はそのかなり前段階で逃げ遅れた人間は動くことができなくなっています。火災が発生しても、その現場に居なければ火傷などをすることはありません。しかし火災は煙を発生して、有毒ガスや一酸化炭素を発生します。中毒症状になり呼吸困難や身体の自由がきかなくなります。更にこの段階で逃げ切れないと、高温の煙がやってきます。高温の煙を吸い込むと、気道・肺などに熱傷を起こしていまい呼吸困難になります。つまり、かなり早い段階での火災感知が必要なのです。

火災感知と警報だけならば機器を設置するだけで要が足ります。が、同時にその火災状況によっては自身が逃げるだけが精一杯で、家族の無事、消防への通報まではすぐに手が回らない場合があります。気持ちも動転してしまっていて、今何が優先だかも分からなくなる場合もありますね。こんな時に誰かの助けが必要なのです。

誰に助けを求めるか、それがホームセキュリティです。火災を感知すると同時にセンターに通報が送信され、警備員の駆けつけや通報をしてくれたりします。火災を家族が認識して逃げてから通報や近所への助けを求めるよりも、感知すると同時の行動であれば、かなり早い対応が期待できるのです。

 

火災やガスの機器(センサー)

火災の感知器には煙を感知するものと熱を感知するものがあります。センサーが感知すると、火災信号を発信します。これをホームセキュリティに接続することで、感知器がブザーや音声でその場にいる家族に知らせるだけでなく、ホームセキュリティからの助けが得られたり、消防への通報をしてもらえるということになります。

ガス漏れにはガスセンサーです。これは使用しているガスの種類がLPガスか都市ガスかで違います。感知に色々タイプがありますが、不完全燃焼して一酸化炭素を起こしているものを感知するものがあります。

このセンサーは非常に優秀ではありますが、これに気づいて対処しなければ何もなりません。夜間などは気づかずにいることもある危険を考えると、ホームセキュリティにセンサーの感知を見てもらえているのは安心感がありますね。もちろん、このセンサーが優秀すぎて色々なトラブルも。秋刀魚を換気扇をつけずにキッチンで焼いていたら煙センサーに引っかかってしまったというのは有名な話です。他に酒蒸しなどのアルコール蒸発でも大量だと検知してしまうようです。

 

ガス漏れ対応はオプション?

火災とガス漏れは共にホームセキュリティでは対応しているような気がしますよね。しかし実際は、火災は標準プランに入っていることが多いのですが、ガス漏れはオプションとなっていることもあります。セコムなどはオプション扱いになりますね。

また、火災やガス漏れについて、消防などへの通報や駆けつけが必ず入っているとは限りません。在宅や不在の場合の対応も異なったりもします。感知した後のホームセキュリティ会社の対応も確認と心積もりが必要です。「ガス漏れって、対応してなかったの?」「火災なのに駆けつけてくれないの?」と当てにしていたのにということがないようにしましょう。