一戸建てじゃなくマンションでも可能?

一戸建て住宅でのホームセキュリティは「自分の身は自分で守る」というスタンスそのものです。空き巣はどこから狙っているか分かりません。密集した住宅街であっても、家々が離れた土地でも同じです。では、マンションではどうでしょうか?高層階に住んでいれば安全でしょうか?マンションの場合は、すでにマンション自体でセキュリティに入っている場合があります。既に安全を確保された住居に住める。しかも同じ建物の中に複数の人々が居て目があるというは、空き巣には動きづらい状況でしょう。

では、マンションなら全て安全でしょうか? また、セキュリティがないマンションは後から個別で導入できるのでしょうか?

 

自宅マンションのセキュリティを知ろう

自宅近くに泥棒が入った!なんて話を聞くと、どうしてもホームセキュリティの必要性を考えてしまいます。しかし自宅がマンションの場合はどうなのでしょうか。自分の自宅ではあるけれど、他の世帯と建物を共有しているわけです。

マンションは、そもそもマンション自体でセキュリティに入っていることが多いですね。それは入居の際に説明を受けているかと思います。ただし、そのセキュリティがどこまでのセキュリティなのかが問題。多くは火災や非常のセキュリティが中心になります。玄関ホールなど共有部分のみセキュリティの場合もあります。

自宅マンションのセキュリティを知った上で一番大切なことは、そのマンションが賃貸かどうか。現在のホームセキュリティ機器というのは、比較的工事も軽いものがあったりするのですが、それでも工事が入る都合上賃貸という条件では勝手に導入することができません。まずは不動産やマンションオーナーなどに承諾を得ることが最初になります。これを飛ばしてしまうためにオーナー側とトラブルになることが多いといいます。

 

マンションにどんなホームセキュリティを入れるか

共有部分のセキュリティはマンション側にお任せすることにして、各戸は独立していますから、玄関からセキュリティが始まるのは戸建と同じです。ただし、平面であることが多いため料金は若干安めですね。

「うちは高層階だから侵入者はないだろう。セキュリティは要らない」という考えの方も多いですが、実は高層階でも侵入者に狙われていますし、侵入されてしまいます。世帯が密集しているマンションですが、必ずしもマンション全体の住人を把握していないのと同じように、侵入者に気がつかないということも有り得るからです。

アルソックのプランBマンション3LDKの例などは、玄関にアルソックライト、玄関を開けて中に入ると開閉センサーとセンサー送信機、廊下には無線式空間センサー、一番人が集まるリビングやキッチンにはコントローラー。高価な電気家電やインテリアのためにリビングに無線式空間センサー。もちろん、ドアからのピッキングによる侵入やバルコニーに面した窓にセンサーが入ります。戸建と違うのは、他に窓がやたらと無い点もありますね。窓はとにかく侵入口になりやすいのです。これだけ見張りを付けておいて、あとは自動通報や駆けつけなどがあると、かなり安心ではないでしょうか。

アルソックだと工事費がゼロのゼロスタートプランがあり、月額5586円(税込み)が可能です。ただし賃貸でない場合は、セキュリティ機器10年間無料保証などがあるので、買い上げプランだと月々が安くお得になるでしょう。