必要センサー配置を選ぶプラン

ホームセキュリティといっても、どこからどこまで防犯するのでしょうか。玄関はもちろんですが、勝手口?リビングの窓?二階の窓などは入って来ないかな?など、実は素人考えでは今ひとつピンとこないものがあります。「きっと窓から侵入されることが多いよね!」ということでも、どの窓からが危ないのかも家の立地条件でも違いますよね。

窓やドア家中全部、庭などの敷地一帯にセキュリティを張り巡らせればよいのですが、実際はそこまですると大変な料金になりそうです。そこで色々なプランが提示されています。

 

セキュリティプランは求められる状況に合わせて

例えばアルソックなどのセキュリティプランなどは、住居や家族構成、セキュリティレベルなどからプランを選べるようになっています。住居は戸建か・マンション・二世帯渋滞・店舗併用住宅などで変わります。家族構成が一人と、家族+両親などでも違ってきます。セキュリティレベルは、標準から外周まで含むもの、必要なものをチョイスするものもあります。また、外出時のセキュリティはもちろんですが、在宅時のセキュリティもあります。その際、外出時のように「家全体」という必要はないわけです。比較的多いのが、二階に寝室があり、夜間家族全員二階に引き上げてしまった後の一階部分です。その場合、一階部分だけのセキュリティも可能なのです。

 

早期発見・侵入防止のために

ホームセキュリティの基本はセンサーです。このセンサーをどこにつけるかで、防犯はかなり違ってきます。玄関の鍵を開けられて侵入するという方法もありますが、窓も危険です。トイレや浴室など格子があるから大丈夫というのも、実は盲点になっています。セコムなどはセンサーが異常を感知すると自動的にコントロールセンターに信号を送信します。

セコムを例にしてみましょう。Gカスタムプランのみですが、センサーとライト・カメラが一体になったものを備えるとチャイムが鳴って強い光で不審者を威嚇するというのがあります。同時に録画ができるようになっています。「いったい誰が来たのだろう?」という不安を明確にしてくれます。庭にも屋外画像監視サービスやレーザーセンサーなどもあります。これらはオプションになっていますが、侵入の早期発見のためになりますね。

プランやオプションで、センサーやセキュリティ機器を選んだりできるのは嬉しいところですね。セコムでは設置後もセキュリティ強化ができるようになっています。