HOME

日本は治安が良くて安心して暮らせる国。とは決して言い切れなくなってきた昨今「自分の身は自分で守る」という意識が普及してきました。それまで警察など公的機関が守ってくれると思っていたものが、身近に残酷な犯罪が日々報道されることが多くなったのも背景です。

生活や資産を守るために、自分や大切な家族を守るために、防犯の知識を身に付けて対策を考える。これがホームセキュリティの第一歩です。

 

住宅侵入などの実情

空き巣は昔から多いですね。最近減少傾向にあるといいますが、それは犯罪が少なくなったというより、防犯への意識が国民に浸透してきているといえるでしょう。空き巣は不在の隙を狙って侵入します。不在かどうかは、家の周辺をあらかじめ下調べして不在がちな時間を調べたり、留守番電話になっているかなどをチェックする泥棒もいます。窓のガラスなどを割って鍵を開けて侵入する方法が一般的ですが、どこの窓を割るかは侵入しやすい人目につかないところを選びます。通りからの風流な目隠しである生垣なども、泥棒の格好の隠れ蓑になってしまったりします。

空き巣は他人が自分のテリトリーを荒らして、資産を略奪していきます。家人が一戸建ての二階で就寝中に、一階が荒らされていたなんてこともあります。また、帰宅した家人と空き巣が遭遇してしまうのも命の危険があります。

 

防犯グッズで自分で防犯?

防犯グッズが様々普及していますね。自分で設置できる防犯カメラから、ガラス割り防止のフィルム。防犯カメラは、人から見られることを嫌う泥棒にはダミーでも効果があるといわれています。同様にセンサーで点灯するライトも、近づいたとたんに侵入者を照らせて驚かす効果があります。これらはホームセンターなどでも購入することができるとあって、手軽に自分でできる防犯です。一方、その効果が本当にどの程度通用するのか、また在宅で侵入された場合はどうするのかなど課題が残るところです。

玄関にホームセキュリティのシールを貼るという防犯もあります。「シールを貼るだけ?それだけで効果が?」というのは、侵入と同時に通報が送られて駆けつけられるというのは、泥棒にとって避けたい事態だからです。

 

防犯意識を高めよう

防犯は、まず一人ひとりの意識を高めるところから始まります。玄関が常時開きっぱなしでも大丈夫な時代は終わり、朝のゴミ出しの数分でさえ玄関は鍵をすることが防犯の最初です。マンションなどは高層階だから大丈夫だろうという油断も付け込まれる要因といいます。侵入者はいきなり侵入するわけではなく、大抵下見をしに来るといいます。その家の住人の生活パターンを把握して留守を狙うのです。生活パターンを把握させないようにするのが良いのですが、実際の生活は会社や学校など決まった時間に通うことが多く、ちょっと無理がありますね。女性の一人暮らしなどは、ベランダに干してある洗濯物などですぐに分かってしまいます。男性の下着なども一緒に干しておくと良いというのは、よく言われる方法です。

 

ホームセキュリティを利用しよう!

防犯が進化するように、泥棒も進化していてきりがありません。心得がない素人だけでは心細いこともあるでしょう。侵入されたら出先でも早めに事実を知りたいですし、知らずに家に入るのも危険です。そこでホームセキュリティの手を借りる方法がありますね。侵入時に機器のセンサーが働いて警報などが鳴るだけでなく、駆けつけてくれるところもあります。また、あらかじめ侵入されている可能性が分かっていれば、帰宅時に危険を回避することも可能です。侵入者と鉢合わせしてしまうことは大変危険なものです。もちろんホームセキュリティを導入することで空き巣や侵入が100%回避できるわけではありませんが、家族や警察以外で頼ることができる味方です。ただセキュリティシールを貼るだけのコケ脅しでないことは確か。

また、最近は高齢者の見守りや、子供の通学などの見守りもあります。家族の安全安心のためにホームセキュリティがあり、用途によって色々なプランがあります。